畳の張替えは様々な種類から【タタMe大切】

快適な暮らしにする様々なアイテム

畳の変更

手軽に部屋を和風にしたり張替えをしたりすることが可能

畳は、障子やふすまと同じく、日本で古くから使われている建具です。 稲作が多くおこなわれている日本らしく、内部の部分は稲わらで作られています。そして表面は、編んだいぐさで覆ってあります。いぐさは主に湿地に生えるので、池や川の多い日本ではよく見かける植物です。 このように畳は、日本ではなじみのある植物で作られているのです。そのため畳を設置すれば、それだけで室内は和風になります。床がフローリングの洋室でも、畳によって簡単に和室にすることができるのです。 また、フローリングの張替えには大掛かりなリフォーム工事が必要になりますが、畳の張替えなら比較的容易にできます。古くなったいぐさの面をはがして、新しいいぐさに張替えるだけで済むのです。それにより、新品同様の畳として再び使うことができるようになります。

パルプやポリエステルで作られている畳

また、昨今では稲わらやいぐさ以外の材質のもので作られる畳も増えてきています。たとえばパルプや、ポリエステルなどの化学繊維で作られているのです。稲わらやいぐさで作られているもののような、植物独得の良い香りはありませんが、そのかわりダニが発生しにくいというメリットがあります。ダニによるアレルギー症状に悩む人が増えてきている現在、こういった畳の需要は高くなってきています。 また、植物で作られたものと比べると、比較的価格が安いというメリットもあります。パルプもポリエステルも大量生産が可能なので、その分安価で販売されているわけです。張替えも比較的安い料金で済むので、その点からもこういった畳を使用する人は増えてきています。